• line

【Zoom】オーディオ共有のやり方とオリジナル音源の設定方法とは?【前編】

ウェビナーサポート

【Zoom】オーディオ共有のやり方とオリジナル音源の設定方法とは?

昨今、オンライン会議は急速に普及し、2022年の今では日々の業務の中、当然のように行われるようになりました。
数多く登場するウェビナーツールの中で、高いシェア率を誇るものが「Zoom」です。

しかしZoomを使用する中で、以下のような課題を抱えていませんか?

●オーディオ共有のやり方がイマイチわからない。
●オリジナル音源を活用したいが、方法がわからない。
●画面共有せずに、音声だけを共有する方法を知りたい。


そこで本記事では、Zoomにおけるオーディオ共有のやり方だけでなく、オリジナル音源の設定方法についても合わせて解説します。
画像付きで簡潔に解説しているので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

【Zoom】オーディオ共有のやり方

【Zoom】オーディオ共有のやり方
Zoomでオーディオを共有する方法には、2種類挙げられます。
それが音声のみを共有するやり方と、画面と音声を同時に共有する方法です。
まずは、画面と音声を同時に共有する方法を解説します。

画面共有あり

画面共有しつつ、オーディオ共有する方法は、以下の手順で行います。

1.PC内でオーディオを再生する
2.再生された状態で、Zoomを起動する
3.「画面共有」をクリックする
4.画面左下にある「音声を共有する」にチェックを入れる(下記の画像参照)


オーディオ共有の手順

上記の手順を実行し、Zoom画面内で以下の表示が出れば共有完了です。
画面と音楽が同時に共有され、参加者のデバイスにも音楽が流れます。

共有の停止

共有を停止したい場合は、赤枠で囲まれた「共有の停止」をクリックします。
また、音声を高音質で共有したい場合には、音質選択において「ステレオ(ハイファイ)」を選択するようにしましょう。

画面共有なし

画面共有せずに、オーディオのみを共有する場合は、以下の手順で行います。

1.PC内でオーディオを再生する
2.再生された状態で、Zoomを起動する
3.「画面共有」をクリックする
4.画面上にある「詳細」を選択する
5.「コンピューターオーディオ」をクリックする
6.「共有」をクリックする


画面共有せずに、オーディオのみを共有する
画面共有せずに、オーディオのみを共有する

共有を停止したい場合は、同様に赤枠の「共有の停止」をクリックします。

共有の停止

オーディオ共有時の注意点

オーディオ共有時の注意点

オーディオ共有時には、以下のような注意点が存在します。

●PC版のみ画面共有機能からオーディオ共有できる
●ミュート中もオーディオ共有は継続される
●音量調整は再生プレーヤーで行う


誤るとミーティングにおける進行の妨げとなる危険性があるため、事前に注意しておく必要があります。

PC版のみ画面共有機能からオーディオ共有できる

画面共有機能からオーディオ共有できるのは、PC版のZoomからのみになります。
画面共有機能はスマホでも実装されていますが、音声共有はできません。

スマホから共有することはできませんが、受信は可能です。
つまり、スマホで参加することで、ホストがPCで共有したオーディオを視聴できます。
ミュート中もオーディオ共有は継続される

ミュート(マイクをオフ)にしていても、オーディオ共有は継続されるので注意が必要です。
「ミュートにしていれば、参加者には何も聞こえていない」という誤認を起こしやすいですが、オーディオ共有機能はオフになりません。

そもそもオーディオ共有はマイクを通しておらず、「画面共有機能」から流れています。
そのため、マイク機能をオフにするミュートに設定しても、オーディオは止まりません。

オーディオ共有を止めたい場合は、音声共有を解除する、もしくはYouTubeなど再生しているプレーヤーで音楽を停止する必要があります。

また、反対に「オーディオ共有をしているつもりだが、参加者に届いていない」というケースもあります。
この場合もZoom内での設定ではなく、デバイスの音声設定や、音源となっている再生プレーヤーの設定に問題があります。

つまり、対処法としては、以下のことが挙げられます。

●デバイス本体のスピーカー設定を確認する
●再生プレーヤーのボリュームを確認する

音量調整は再生プレーヤーで行う

共有しているオーディオの音量調整は、再生プレーヤーから行います。
ここで推奨したいことは、共有するオーディオの音量は小音から開始することです。

共有しているオーディオの音量は、相手の音量設定によっても聞こえる大きさが異なります。
つまり、共有するこちらが適度なボリュームに設定していても、参加者のデバイスでは大き過ぎるボリュームで再生される可能性があるということです。

Zoom開始直後、ボリュームが大き過ぎると参加者を驚かせる結果にもなり得ます。
これらのことから、開始直後は小音から試し、参加者の声を元にボリュームを調整するやり方が賢明です。

また、事前にボリューム感をチェックしたい場合は、以下の方法で確認できます。

1.2つのデバイスでZoomを起動し、画面共有機能で確認する
2.レコーディング機能を使って確認する


PCとスマホ(or タブレット)、2つのデバイスでZoomを起動し、PCから画面共有機能を用いて、オーディオ共有をします。
スマホ(or タブレット)を別室に持ち込み、実際に聞くことでオーディオのボリュームの確認が可能です。

2つ目の方法はレコーディング機能を用いて、ミーティングを録画し、再生することでボリュームを確認できます。
この方法であれば、デバイスがPCだけでも確認可能です。


ここまでZoomでのオーディオ共有の概要をご説明しました。
【Zoom】オーディオ共有のやり方とオリジナル音源の設定方法とは?【後編】で具体的な設定方法をご説明します。

自社完結で運営できるようになる「ウェビナーサポート」

自社完結で運営できるようになる「ウェビナーサポート」

自社完結でウェビナー運営できるようになる「ウェビナーサポート」をご紹介いたします。

そもそもウェビナーにおけるマーケティング効果を最大限に発揮するためには、必要に応じて定期的にウェビナーを開催することが求められます。そのためには、自社完結でウェビナーを適切に運営できる必要があります。自社で運営できなければ、その都度サポート費が発生し、費用対効果が低下してしまうためです。

「ウェビナーサポート」では、ウェビナーの開催方法だけではなく、運営におけるテクニックやノウハウまで、自社運営する上で必要なサポートを徹底的に行います。具体的な活用メリットは、以下の3つです。

●ウェビナーを自社完結で運営できるようになる
●ややこしい配信環境や機材を気にしないで済む
●配信日の当日はウェビナーの進行だけに集中できる


ポイントは配信代行ではなく、自社運営できるまで徹底的にサポートする点です。

自社で運営できるようになれば、今後の企業利益に大きく貢献します。オフラインで直接サポートを受けられない遠方の人や海外在住の人に対しても、オンライン上でサポートが可能です。

事前に配信環境の確認や設定、用意しておくべき機材を紹介し、配信当日においては安心してウェビナー進行に集中できるようにサポートします。例えば、ウェビナーサポートスタッフが「講演資料の共有」、「動画やBGMの再生」、「投票機能の設定・実行」などを行います。

自社完結でのウェビナー開催が難しい場合や初めての開催は、ぜひウェビナーサポートへご相談ください。


お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016