• line

Vimeoでウェビナーを開催する7つのメリットとは?ZoomやYouTubeとの違いも解説!

ウェビナーサポート

Vimeoでウェビナーを開催する7つのメリットとは?ZoomやYouTubeとの違いも解説!

昨今、テレワークが普及しつつあることで、多くの企業がウェビナーを導入しています。ウェビナーは全てオンラインで完結することから、場所を問わず世界中の人々に情報を発信できます。

このようなメリットを最大限に享受すべく、さまざまな機能が搭載されたウェビナーツールが登場しています。その中でも「Vimeo」を活用したウェビナーが注目を浴びています。Vimeoの存在を知りつつも、以下のような悩みに直面していませんか?

●Vimeoでウェビナーを開催するメリットとは?
●ZoomやYouTubeとの違いは?
●導入費用やスペックはどうなの?


そこで本記事では、Vimeoウェビナーにおけるメリットや、ZoomやYouTubeとの違いについて解説していきます。導入を検討している担当者様は、料金プランなども記載しているので、ぜひ最後までご覧ください。

Vimeoとは?ウェビナーにおける7つのメリット

Vimeoとは?ウェビナーにおける7つのメリット

Vimeoは元来、動画配信を目的としたプラットフォームです。しかし、オンデマンド配信機能に限らず、ライブ配信機能も備わっていることからウェビナー開催にも適しています。Vimeoを活用することで、以下の7つのメリットを享受できます。

1.高品質な動画
2.双方向のコミュニケーション
3.複数のサイトで同時配信が可能
4.安定した回線
5.高性能なセキュリティ
6.動画コンテンツの収益化
7.連続したアプローチを可能にする関連動画

高品質な動画

視聴者に高画質な映像を届けることができます。その画質は最大4Kです。また、ウェビナーの終了と同時に、自動的にアーカイブ(安全なデータ保存)されます。高画質な映像かつ、自動的なアーカイブ機能があることから、コンテンツを高品質の状態で保存でき、それを再利用することもできます。

双方向のコミュニケーション

Live Q&A、チャット、アンケート投票などの機能が搭載されていることから、双方向のコミュニケーションが可能です。視聴者の意見やニーズを吸い上げることで、詳細な顧客分析を可能にし、ウェビナーにおけるパフォーマンスを向上させることができます。

また、Eメールキャプチャー、カスタムCTA機能など優れた機能が備わっています。これらのことから、Vimeoが持つコミュニケーション機能においては、単なる動画配信に留まらず、ウェビナー専用ツールと同等、もしくはそれ以上の性能があると言えます。

複数のサイトで同時配信が可能

複数のサイトで同時配信が可能です。複数サイトで同時配信することにより、視聴者は提携しているどのサイトからでも自社のウェビナーに参加できます。また、サイトの種類に問わず、配信中に広告は入りません。そのため、広告が原因で視聴者に不快な思いをさせることはなく、安心して配信できます。
複数のサイトで同時配信が可能

安定した回線

安定した回線も大きなメリットです。そもそもウェビナーは、従来の会場型セミナーと比較すると、「参加者が離脱しやすい」というデメリットが存在します。この最たる理由が通信環境です。回線が不安定で、映像や音声が途切れることで参加者は離脱してしまいます。

また、Vimeoでは安定した回線に加えて、「アダプティブストリーミング」によりイベントをフルHDで放送できることから、さらに映像が途切れにくくなっています。アダプティブストリーミングとは、可能な限り再生を止めないようにするため、通信環境に応じて画質を下げて配信する技術のことです。

ウェビナーを開催するにあたって回線が安定しており、仮に通信環境が悪化しても再生し続けられることは、参加者の離脱を防ぐ上で非常に大きな強みとなります。

高性能なセキュリティ

セキュリティ面も優秀です。多くのツールにおけるセキュリティ設定では、制限機能が「URL制限のみ」の場合が多いです。この点Vimeoは、URL制限だけでなく、特定のドメイン内でのみ再生を可能にし、動画自体にパスワードを設定することもできます。

動画コンテンツの収益化

動画をコンテンツとして収益化することもできます。ライブ配信を有料セミナーとして配信できるだけなく、一度撮影したウェビナーや動画をオンデマンド配信形式で販売することも可能です。また、オンデマンド形式で収益化したコンテンツ(動画)は、自社の資産として蓄積されていくため、半永続的に収益を生み続ける可能性があります。

連続したアプローチを可能にする関連動画

連続したアプローチを可能にする関連動画

ユーザーが動画視聴後に関連動画として表示される次の動画も、自社アカウントの動画になります。理由は、YouTubeの無料プランで表示されるような広告が存在しないためです。そもそもVimeoの収益は広告ではなく、動画配信者の費用から得ているため、広告の表示がありません。

このことから、顧客(視聴者)に対して連続したアプローチが可能です。

Vimeoの料金プラン

Vimeoの料金プラン

Vimeoの料金設定は上記の画像の通りですが、注意点があります。それはウェビナー(ライブ配信)を開催するためには、「Premium」以上のプランに入る必要があるということです。
また、オンデマンド形式による動画配信は、「Plus」〜「Premium」全てのプランで可能です。しかし、録画したオンデマンド配信を販売(収益化)する場合は、「Pro」以上のプランへの加入が必要になります。

セミナーにおいてはリアルタイムな演出が求められるため、ウェビナー開催を目的であれば、ライブ配信が可能な「Premium」プランへ加入することをオススメします。

ライブストリーミングを始める。

ウェビナーのマーケティングにおいて、「Premium」プラン以上のサービスを求める際にはVimeo社に問い合わせをする必要があります。「Premium」プラン以上のサービスには、サブスクリプションや専属サポートなどが存在します。

Zoom・YouTubeとの違い

Vimeo YouTube Zoom
月額料金 7,500円~
(視聴者数制限なし)
無料~ 最大参加者数による
広告の有無 なし あり(無料プラン) なし
複数サイトへの同時配信 可能 他サービスとの連携により可能 可能
参加者とのコミュニケーション機能 ライブチャット
Live Q&A
グラフィックオーバーレイ
アンケート投票
コメント
評価ボタン
チャット
Q&A
挙手
画面共有
アンケート投票
オンデマンド販売の有無 あり なし なし

※Vimeoの料金は、ウェビナー配信が可能な「Premiumプラン」のもの。
 金額表示は税込価格。
「グラフィックオーバーレイ」に関する説明はこちら(Vimeo ヘルプセンター )。

関連記事:Zoomウェビナーの機能と料金は?導入方法と実際の開催手順も解説!

Vimeoは、同じ動画配信プラットフォームである「YouTube」と比較すると、ウェビナーに適したツールであると言えます。「広告の有無」や「参加者とのコミュニケーション機能」の違いが大きな要因です。

また、「Zoom」と比較してもVimeoに優位性を見出せます。ウェビナーを開催するための機能において見劣りしないにも関わらず、視聴者数における制限がないためです。このことから、大規模なウェビナーを安価で開催できるメリットがあります。

視聴者数制限がないことについては、公式サイトで以下のように言及されています。
「帯域幅フェアユースポリシーに基づき、Vimeo Premiumユーザーは視聴者数の制限なくVimeoプレーヤーで無制限にライブ配信ができます。各配信時間は12時間までですが、イベント配信数に制限はありません。」
引用:Vimeo公式サイト

Vimeoウェビナーの開催手順

Vimeoウェビナーの開催手順

Vimeoでウェビナーを開催する手順について解説していきます。設定項目は料金プランにより異なりますが、本記事では、ウェビナー開催(ライブ配信)が可能な「Premiumプラン」を前提にご紹介します。配信形式ごとに、それぞれ確認していきましょう。

ライブ配信

イベントを作成する

イベントを作成する

Vimeoにログインし、「新しい動画」から「ライブイベント」を選択します。
そして、以下の項目を設定します。
●イベント名
●チャット機能の有無
●配信日時
●プライバシー設定

動画の埋込

他のWebサイトにウェビナー動画を埋め込むためには、「埋め込み」タブから「イベントコードを埋め込む」をクリックします。

配信先

「配信先」タブから同時に配信するプラットフォームを選択します。「埋め込み」、「同時配信」を行わない場合は、これらの手順はスキップしてください。

設定項目の入力を終えたら、右上の「次へ」をクリックします。
プレビューで確認する
配信時の状況をプレビューで確認します。具体的には以下のことを確認する必要があります。

●ライブチャット
●アンケート
●同時配信先
●Q&A機能
●グラフィックオーバーレイ
●ライブストリーミング配信における安定性

これらのチェックは本番の配信中にも可能ですが、事前にきちんと確認しておきましょう。ウェビナー中に起きるトラブルは、参加者の離脱につながってしまうためです。

ライブ配信を実施する

ライブ配信を実施する

画面右上の「新しい動画」から「ライブ配信を開始」をクリックします。

Vimeoのウェビナーでは、視聴者数や平均表示時間などの詳細なライブ分析が可能です。また、ウェビナーを録画する際には、「Livestream Studio」を活用します。「Livestream Studio」には、以下のような機能が搭載されています。

●クロマキーによる合成
●複数のカメラの同時接続
●イベント本体と個々のカメラアングルによる録画

※クロマキーとは、キーイングと呼ばれる切り抜き合成の一種。

アーカイブに残す

ライブ配信を終了する際は、「イベントを終了」ボタンをクリックします。動画を残す場合は、そのままアーカイブ設定を行います。設定終了後、アーカイブされた動画を視聴できるようになります。


オンデマンド配信

動画をアップロードする

「アップロード」の選択

まずはVimeoにログインし、右上に位置する「アップロード」を選択します。

動画をアップロードする

動画をドラッグ&ドロップ、もしくは「ファイルを選択」から動画を選択してアップロードします。

動画の詳細を設定する

アップロードを完了した後に、動画の詳細設定を行います。

●タイトル
●動画の概要
●プライバシー設定

他のWebサイトに埋め込みたい場合は、ライブ配信時と同様に「埋め込みコード」をコピーします。また、FacebookやTwitterなどのSNSで公開するには、「ソーシャルメディアに公開」をクリックし、該当するSNSを選択します。

Vimeoのメリットを有効活用して、ウェビナーを開催しよう!

動画をアップロードする

Vimeoのメリットを有効活用して、自社の理想のウェビナーを開催しましょう。

Vimeoはライブ配信、オンデマンド配信の双方に対応していることから、ウェビナーツールとしても活用できます。また、性能においてはZoomやYouTubeと同等、もしくはそれ以上の機能が備わっているため、ウェビナーを開催するにあたって、さまざまなメリットを享受できます。

しかし、「Vimeoウェビナーの開催方法がまだイマイチわからない、効果的な配信方法を知りたい。」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。このような課題をお持ちの方は、「ウェビナーサポート」の活用が有効的です。ウェビナーサポートを活用することで、ウェビナーのメリットを最大限に享受でき、自社完結で運営できるようになります。

自社完結で運営できるようになる「ウェビナーサポート」

動画をアップロードする

自社完結でウェビナー運営できるようになる「ウェビナーサポート」をご紹介いたします。

そもそもウェビナーにおけるマーケティング効果を最大限に発揮するためには、必要に応じて定期的にウェビナーを開催することが求められます。そのためには、自社完結でウェビナーを適切に運営できる必要があります。自社で運営できなければ、その都度サポート費が発生し、費用対効果が低下してしまうためです。

「ウェビナーサポート」では、ウェビナーの開催方法だけではなく、運営におけるテクニックやノウハウまで、自社運営する上で必要なサポートを徹底的に行います。具体的な活用メリットは、以下の3つです。

●ウェビナーを自社完結で運営できるようになる
●ややこしい配信環境や機材を気にしないで済む
●配信日の当日はウェビナーの進行だけに集中できる


ポイントは配信代行ではなく、自社運営できるまで徹底的にサポートする点です。

自社で運営できるようになれば、今後の企業利益に大きく貢献します。オフラインで直接サポートを受けられない遠方の人や海外在住の人に対しても、オンライン上でサポートが可能です。

事前に配信環境の確認や設定、用意しておくべき機材を紹介し、配信当日においては安心してウェビナー進行に集中できるようにサポートします。例えば、ウェビナーサポートスタッフが「講演資料の共有」、「動画やBGMの再生」、「投票機能の設定・実行」などを行います。

自社完結でのウェビナー開催が難しい場合や初めての開催は、ぜひウェビナーサポートへご相談ください。


お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016