• line

kintone有効活用番外編。JavaScriptでよく使うイベントまとめ。

kintone SI

kintoneをカスタマイズするのに必須のイベント

kintoneをJavaScriptでカスタマイズするときは、常に処理をどのイベントでトリガーさせるかを意識する必要があります。

備忘録的にまとめましたので一覧や目次的にご利用ください。
CSSでよく使うプロパティまとめ。も作成しました。ぜひご参照ください。

画面表示系イベント

基本となる各レコード画面詳細表示イベントです。フィールドの表示・非表示や、有効・無効などの初期設定を行います。


kintone.events.on('app.record.detail.show',function(event){処理}); //詳細表示
kintone.events.on('app.record.create.show',function(event){処理}); //追加表示
kintone.events.on('app.record.edit.show',function(event){処理}); //編集表示


レコードの追加と編集は処理がかぶることが多いので、次のようにまとめて書くことが可能です。

kintone.events.on(['app.record.create.show','app.record.edit.show'],function(event){処理});


ポータル表示時に発火するイベントです。ポータルの表示をカスタマイズ可能です。
特定のアプリのレコードを表示するようなカスタマイズも可能です。

kintone.events.on("portal.show", function(event) {処理}); //ポータル表示
kintone.events.on("space.portal.show", function (event) {処理}); //スペースポータル表示

レコード・フィールド変更時のイベント

特定のフィールドの値が変更されたときに発火するイベントです。
文字列フィールドなどはフォーカスを失ったときに発火します。値変更後、TABキーを押すなど、該当のフィールドからフォーカスを動かさないと発火しないのでご注意ください。


kintone.events.on('app.record.create.change.フィールドコード',function(event){処理});
kintone.events.on('app.record.change.change.フィールドコード',function(event){処理});


レコードを編集して、保存するときに発火するイベントです。
実行前ではフィールドの値をチェックして、有効でない場合に保存せずに編集画面に戻すことができます。
実行後ではフィールドの値に応じて、レコード保存後に次の処理を支持することができます。

kintone.events.on('app.record.create.submit',function(event){処理}); //追加保存実行前
kintone.events.on('app.record.edit.submit',function(event){処理}); //編集保存実行前
kintone.events.on('app.record.create.submit.success',function(event){処理}); //追加保存実行後
kintone.events.on('app.record.edit.submit.success',function(event){処理}); //編集保存実行後




ゴートップではkintoneを活用した業務の効率化のご相談を承っております。

現在の業務に課題を抱えている方は是非ゴートップにお問い合わせください。



詳しくは当社kintoneソリューションサービスのページをご覧ください。




お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016