sellsee導入における職層毎のメリットをご紹介

sellseeメリット紹介記事

全社の目標に対する、日々の売上の確実な管理(フォーキャスト管理)と活動の透明化がsellsee導入の最大のメリットです。つまり、会社の舵取りの助けとなる、俯瞰的なツールとなります。
ただ、全社で導入するデジタルツールを選定する際には、個別の業務においてどういった変化、メリットをもたらすのか、事前の具体的な理解か重要になります。
そこで今回はsellseeを導入することで業務がどのように変化するのかをご紹介したいと思います。
では、社内の各職層からみた、導入前・導入後の変化・メリットを見ていきましょう。

営業・セールス担当

営業・セールス担当

導入前
エクセル等属人的なファイルで日報や案件管理を行うため、作業に手間がかかる。ファイル単位での管理になるため、社内の情報共有がスムーズにいかない。
報告書作成のために、客先から帰社する移動時間が無駄になりがち。
導入後
見込の数字から、案件の進捗状況まで、sellseeで一括管理なのでまとめての報告が可能。部員の活動も確認できるため、情報共有がスムーズになります。
さらにモバイル対応なので、客先から帰社する時間も節約できます。

管理職層

管理職層

導入前
部内の情報の共有が部員単位のため、精度がまちまちになりがち。
さらに、その共有データから各数字を拾うため、報告書作成の手間が膨大に。
導入後
sellseeから数字を直接拾うため、報告書作成の時間が大幅に短縮されます。
初期のレポート機能の作りこみ次第で資料作成そのものが不要になります。

経営層

経営層

導入前
月次上告まで実際の数字をつかむことが難しい。優良顧客や優良案件、活動内容などが客観的に掴めず素早い経営判断にハードルを感じている。
導入後
当該月の進捗を随時把握でき、素早い経営判断のための集約された情報を提供します。
現場で動いている案件の内容や金額、顧客の動向までリアルタイムに把握することができるようになります。

以上、一部ではありますが、sellseeの導入で得られるメリットをご紹介しました。
株式会社ゴートップではsellseeの提供にとどまらず、kintoneのカスタマイズに関するご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。
ニュース一覧
sellseeトップ

お気軽にお電話ください。

0120-123-456