Zoomのダウンロード方法と活用すべき基本機能

ウェビナーZoomダウンロードや機能

こんにちは、マーケティング部 のあっちです。

テレワークの推進によって、ZoomなどのWEB会議ツールを導入し、ウェビナーやWebミーティングを行う企業も増えています。

ウェビナーはwebとセミナーを組み合わせた造語で、簡単に言うと”インターネット上で行うセミナー”です。

このブログではウェビナー初心者向けにZoom・Webex・YouTubeを活用したウェビナーでの基礎知識をご紹介しています。

今回は、Zoomをダウンロードする際の手順や、機能についてご紹介していきます!

◆Zoomをパソコンにダウンロードする

Zoomでは、ご自身や仕事用のアカウントを作成することが可能ですが、Zoom自体のダウンロードやインストールにアカウント取得が必須というわけではありません。

また、ゲストとしてミーティングに参加するだけであれば、アカウントがなくても簡単に参加することができます。

Zoom公式のダウンロードセンター(リンク:https://zoom.us/download#client_4meeting)からミーティング用Zoomクライアントのダウンロードをしてください。

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。
その際に情報の入力等はありません。

◆Zoomアカウント取得

ダウンロード時にアカウント作成は必要ありませんが、業務での使用や継続的にZoomを利用する場合は「ミーティングを主催する」などZoomの機能を活用するために、アカウントを取得することをおすすめします。

Zoomサイトからサインアップができます。 (https://zoom.us/

◆Zoomの基本機能

ウェビナー機能紹介

画面共有

自分のお手元のスマホやパソコンに映している映像や資料を、ミーティング参加メンバーに共有することができます。
リアルタイムで共有ができるため、円滑なミーティング・オンラインセミナーの進行に役立ちます。

 

フィルタ・バーチャル背景

フィルタでカメラの写りを調整したり、バーチャル背景機能で自分の背景を名刺や、好きな背景にすることができます。

プライベート空間を見せずにすむため、自宅でのミーティングも安心して行えます。

 

投票機能・リアクション機能

ウェビナー参加者に投票してもらうことでセミナーをリアルタイムに楽しんでもらうことができます。

リアクション機能で、より気軽にミーティングでリアクションをとって参加することがきます。

 

レコーディング・文字起こし

ミーティング・ウェビナーをローカルやクラウドでレコーディング可能です。

AI による自動文字起こしから、ミーティング内のキーワード検索もできるため、議事録や参加できなかったメンバーへの共有も手軽に行えます。

 

HDビデオ・高音質オーディオ

最大 1000 人参加のミーティングに対応しています。
さらに、最大 49 人のビデオ画面を表示しながらのミーティングが可能です。

ミーティング中は高精細な映像と高音質を保っての配信ができます。

 

チャット機能

ミーティング中には、音声以外にもチャットが利用できます。
URLや内容の共有ができます。また、メモ代わりに利用しても便利です。

 

カレンダー連携

Zoomから、直接Googleカレンダーなどに予定を登録できます。

その他にも、Outlook 、Gmail 、iCal との連携で、カレンダーから直接リンクでミーティング開催や参加が可能です。

4.あとがき

気軽にウェビナーに参加するためにもZoomをインストールし、アカウントを取得しておくと便利です!

ウェビナーにご興味がある方、配信してみたいけれど配信に不安があるという方、より音質や画質にこだわった配信をしたいという方に当社ではZoom、YouTubeLive Webexを活用したウェビナー開催の支援サービスを行っています。

また、オンラインセミナー開催のサポート他、パネルディスカッションやクロマキーで背景を付けることができる配信に適したスタジオが東京・大阪にありますので併せてご覧ください。

 

下のボタンをクリックするとウェビナーサポートサービスの詳しい内容を見ることができます。