• line

kintone有効活用。「自動計算」で文字列を結合。

kintone SI

文字列フィールドの自動計算で文字列を連結合

前回は計算フィールド使った集計の例をご紹介しました。
今回は文字列フィールドの「自動計算」を使った文字列の結合方法をご紹介します。

2つの文字列フィールドの値を結合する。

最も基本的な使い方として、2つの文字列フィールドの値を結合してみましょう。
「姓」と「名」を連結して姓名というフィールドに出力します。

アプリ設定画面

「姓」「名」「姓名」という文字列フィールドを設置します。

自動計算の設定

「姓名」フィールドの「自動計算する」のチェックボックスをオンにします。すると、計算式のボックスが表示されますので「姓」と「名」を結合する式を入力します。

姓&” “&名

文字の結合には「&」演算子を使用します。必ず半角で入力してください。
” “で姓と名の間に半角スペースを追加しています。

自動計算の結果

姓と名を入力すると、自動的に結合されます。

3つ以上のフィールド結合する場合でも基本は同じ

3つの文字列を結合

ミドルネームを追加しました。式は単純に対象フィールドを増やすだけです。

ファーストネーム&”・”&ミドルネーム&”・”&ラストネーム

間に中黒が入るように設定しました。

3つの文字列を結合結果

しかし、ミドルネームが空だと不要な中黒が発生しおかしな表記になってしまいます。

ミドルネームが空だと不要な中黒が発生

IF関数を使ってミドルネームが空の時に中黒が減るようにしましょう。

ファーストネーム & “・” & IF(ミドルネーム=””,””,ミドルネーム) & IF(ミドルネーム=””,””,”・”) & ラストネーム

ミドルネームが空でも大丈夫

ミドルネームが空でも中黒のダブりがなくなりました。




ゴートップではkintoneを活用した業務の効率化のご相談を承っております。
現在の業務に課題を抱えている方は是非ゴートップにお問い合わせください。

詳しくは当社kintoneソリューションサービスのページをご覧ください。


お問い合わせ
  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016