• line

kintone有効活用。CSSのカスタマイズでテキストフィールドのサイズを変更する

kintone SI

テキストフィールドが小さいときの調整方法

kintoneに配置するフィールドのサイズについて相談がありました。
フィールドが小さく、入力が大変といった内容です。

左右のサイズは標準の機能で調整可能ですが、縦の幅はCSSのカスタマイズが必要になります。
今回、このカスタマイズをご紹介します。

カスタマイズ対象のフィールドのclassを調べる

CSSのカスタマイズをするには対象のフィールドのclassを調べる必要があります。
Google Chromeの場合はF12を押します。

文字列(1行)フィールドのサイズを調整してみましょう。
文字列(1行)フィールドを設置し、公開します。
レコード登録画面でF12を押し、該当のinputタグのclassを調べます。

フィールドのclassを確認

input-text-cybozuというclassがあてられているようです。

input-text-cybozuにcssを設定する。

該当のclassにpaddingを設定します。


.input-text-cybozu {
padding: 30px 30px !important;
}


任意のテキストファイルに上記テキストを記述して保存し、拡張子をcssに変更、kintoneの設定「JavaScript / CSSでカスタマイズ」からファイルをアップしてください。

フィールドの拡大

フィールドのサイズが大きくなりました。

テキストのサイズは変わらない

しかし、テキストのサイズは変わらないので微妙です。テキストのサイズも大きくしましょう。


.input-text-cybozu {
padding: 30px 30px !important;
font-size: 24px !important;
}


cssに1行追加し、アップしなおします。

テキストも拡大

テキストも大きくなりました。

cssでのフィールドのサイズ調整をご紹介しました。
こちら2022年4月28日現在動作を確認しておりますが、kintoneのアップデートの際にclassの名称が変更される可能性があります。本カスタマイズを実施される場合はkintoneのアップデートにご注意ください。




ゴートップではkintoneを活用した業務の効率化のご相談を承っております。

現在の業務に課題を抱えている方は是非ゴートップにお問い合わせください。



詳しくは当社kintoneソリューションサービスのページをご覧ください。




お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016