• line

kintoneアプリへのYouTube動画の埋め込み方法

kintone SI

kintoneアプリへのYouTube動画の埋め込み方法

アプリのレコード作成・編集画面へのYouTube動画埋め込み方法を解説していきます。
スペースフィールドのinnerHTMLを書き換えますので一番簡単な方法の一つになると思います。

アプリの準備

新しいアプリを作成し、いつものようにスペースフィールドを用意してください。
今回は要素IDを「youtube」としました。

JavaScritpでスペースフィールドの内容を書き換える


kintone.app.record.getSpaceElement('youtube').innerHTML = '<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/whTkfSGK_6M" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>'




埋込用のコードはYouTubeの共有ボタンから行います。

YouTubeの共有ボタン

赤枠部分の共有ボタンを押すといくつかの共有方法が表示されますので、「埋め込む」を選択してください。

動画の埋込

埋め込み用のコードが表示されますのでクリップボードにコピーしてください。

動画がkintoneに埋め込まれました

アプリの中に動画が埋め込まれました。
アプリの操作方法の解説や、アプリが更新された際の変更点の周知等に使えると思います。
動画の設定を限定公開にしておけば余分な動画閲覧を防ぐこともできます。


ゴートップではkintoneを活用した業務の効率化のご相談を承っております。
現在の業務に課題を抱えている方は是非ゴートップにお問い合わせください。

詳しくは当社kintoneソリューションサービスのページをご覧ください。


お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016