無料ダウンロード
総務・管理
被害状況把握アプリ
大地震などの災害発生の現場から被害状況を報告し、対策本部で被害の全容を把握するアプリです。


<利用サービス>
・トヨクモ社 kViewer
・トヨクモ社 FormBridge
・トヨクモ社 PrintCreator

災害がいつどこで発生しても、現場の被害状況を簡単に収集し全容を把握できる

端末の種類(パソコン、スマホ、タブレット)、端末の所有者(社用、私用)、所在地(日本、海外)を問わず報告できます。
報告された情報はリアルタイムに照会できます。

災害がいつどこで発生しても、現場の被害状況を簡単に収集し全容を把握できる

誰でも一定の質を保った報告(情報入力)ができる

ガイドに従って入力するだけなので、初めてでも迷わず操作できます。
被害の大きさ・状況の報告は、選択肢を選ぶだけなので、誰が入力しても基準に沿った報告になります。
文字で伝わりにくい内容は写真を撮って添付できます(最大10MB)。

誰でも一定の質を保った報告(情報入力)ができる

低コストかつスピーディに運用を開始できる

被害状況を印刷するためのkintoneアカウントが1つあれば運用できます。
(別途、FormBridge、kViewer、PrintCreatorのプレミアムコースの契約が必要となります)

無料ダウンロードはこちら

テンプレート登録手順がご不明なかたはこちらをご覧ください。

情報システム部 西内 義信

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社 情報システム部
西内 義信

Userʼs Voice

必要最低限のアカウントで被害の全容を把握

従来は災害発生時の情報収集手段が電話やメールしかありませんでした。
これでは集めた情報を集約して全容を把握するまでに時間がかかるうえ、電話やメールが使えなければ情報収集すらままならなくなります。そこで、幹部が可能な限り早く適切な経営判断を下せること、さらに従業員の安全確保と事業継続性の向上を目指して、災害の全容を早期に把握するためのアプリをつくりました。

当社は全従業員がkintoneのアカウントを持っているわけではないので、最低限のアカウント数で報告・状況把握ができる仕組みにするよう工夫しました。アカウントは少なくとも1つあれば運用が可能で、印刷して壁に貼れば被害の全容を把握しやすくなります。
今後は、従業員の安否確認システムとの連携もできればと思っています。
無料ダウンロードはこちら

テンプレート登録手順がご不明なかたはこちらをご覧ください。

kintoneサンプルアプリ一覧へ

お気軽にお問い合わせください。

0120-98-0016