• line

人事業務担当者のための採用活動や社内研修でのオンライン活用

多様化する慟き方にオンラインを取り入れる

テレワークや在宅ワークといった働き方の多様化により、対面で行っていた説明会や面接に代わる手段として、オンラインでの開催を検討しているが、やり方がわからない。

やってみたが、思うようにならなかったなど感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなときはウェビナーサポートサービスを検討されてみてはいかがでしょうか。
「ウェビナー」とは「WEB」と「セミナー」を組み合わせた造語です。


当社のサービスは単なる配信代行ではなく、配信方法などのレクチャーを行うことが特徴です。ご自身で会議や行事をオンラインでできるようになるためのサポートをします。

本記事では、オンライン活用で生じやすい課題やお悩みを例に挙げながら、当社の「ウェビナーサポートサービス」で解決に導く方法をご紹介しています。


人事1_多様化する働き方に

社員研修をオンラインで行えば遠隔でもグループワークが可能

新入社員研修やフォローアップ研修をオンラインで行うと、講師への質問や受講者同士のグループワークができるので、一方的な講義にならず、参加型の研修が可能です。
また、動画や資料もご自身のパソコンやタブレットで表示、調整ができるので、全員が見やすく閲覧できます。

当日参加できない人にも、録画データを後日視聴してもらうことで研修を実施できます。
このように、さまざまな都合の人に受講してもらえるのがオンライン研修の利点です。


しかし、これまでリアルで行ってきた研修をオンラインで開催する場合、次のようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■資料共有のやり方、グループワークのやり方などの操作の方法がわからない。
■研修をウェビナーでどう進めるかといった企画面に不安がある……




当社のウェビナーサポートサービスでは、配信プラットフォームなどの基本設定から詳しくレクチャーしていますので、資料共有やビデオの切り替えなど操作の不安を解消することができます。

さらに、どのようなセミナーにするのかという配信の企画・内容づくりなど、開催の事前用意から配信終了後までサポートしています。


人事3_新入社員研修

採用説明会をオンラインにすることで優秀な人材確保に繋げる

会社説明会をオンラインにすることで会場費や移動費などのコストカットが見込めます。
会場を決めるための時間や事務手続きも省くことができます。

また、遠方で移動が難しいという就活生もオンライン説明会なら参加がしやすく、会場の場所が限定されてしまう対面の説明会よりも、多くの人に参加してもらえるので優秀な人材確保に繋がります。


そのため、最近はWEB面接を取り入れる企業も増加しておりますが、

■進行が不慣れで参加者が興味を失って途中で離脱してしまった。
■説明会後の採用フローへの誘導方法がわからずせっかくの人材獲得の機会を逃してしまった。


という経験をお持ちのご担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。



当社のウェビナーサポートサービスでは、アンケートの設定や、応募フォームへの誘導の方法などもサポートしています。そのため、開催した説明会を効果的に採用活動へ繋げることができます。

配信方法をレクチャーしていますので、サービスをご利用いただき、ご自身で配信ができるように方法を覚えていただければ、説明会や面接のように何度も行うものでも長く活用することができます。


人事2_採用説明会に

当社のウェビナーサポートサービスは、「オンライン活用のノウハウをレクチャー」「在宅や遠方の拠点からの配信もサポート」「配信時のオペレーションもフルサポート」致します。


配信代行ではなく、自社運営できるまでサポート・レクチャーするサービスです。
方法を覚えて、ご自身で最適なウェビナー配信ができるようになることで、定期的に行う採用時や面接時に都度配信代行を依頼する必要がなくなります。

また、配信をサポートする際には資料の共有、動画やBGMの再生、アンケートの設定などをスタッフが行うため、配信当日も安心して進行に集中できます。


研修や、面接以外に、社員交流や社内イベントでオンラインを活用考えているご担当者様は、「総務業務担当者のための社内行事や歓送迎会でのオンライン活用」でご紹介しています。


自社完結でのオンラインセミナーなどの開催が難しい場合や初めての開催は、ぜひウェビナーサポートへご相談ください。


お問い合わせ

  • line

お問い合わせ

お気軽にお電話ください。

0120-98-0016